カラオケ上達〜滑舌を良くする

滑舌を良くしてカラオケ上達

滑舌とは、はっきりとして間違いのない滑らかな発音をすることをいいます。
滑舌は、しゃべる時に必要な能力であって、どちらかと言うと、歌う時にはあまり関係がないと思う人も多いでしょう。

 

しかし、曲のテンポによっては大変重要な要素になります。
例えば、テンポが速い曲の場合、滑舌が悪いと何を言っているのか分からない事があります。
ただ、自分自身で滑舌が良いかどうかを判断するのは難しいことでしょう。
なぜなら、滑舌が悪い人は、ある日突然滑舌が悪くなったわけではないのです。
最初から身に染みて悪いわけですので、自分ではそれが普通だと思ってしまっているのです。

 

例えば、新聞や雑誌の記事を読むことで自分自身で滑舌さを確認してみましょう。
いざ読んでみると、はっきり文章を読むということは、なかなか難しいことだと感じる人が多いのではないでしょうか。

 

カラオケの上達のために、滑舌が重要だというのは、言葉をはっきりと言うためだけではありません。

 

それは、基本的にカラオケ上達にはリズム良く歌うということが欠かせません。
しかし、例えしっかりリズムが取れていたとしても、滑舌が悪いと何を言っているのかわかりずらいので言葉がぼやけてしまいます。

 

すると、それによって言葉が噛んでしまってリズムどおりに発音ができず、リズムがズレているように感じられることもあります。
自分ではしっかりと喋っているつもりなので、リズムが乱れていることにも気付きにくいのです。

 

このようなケースも、自分の声を一度録音してみたほうが分かりやすいでしょう。
よく滑舌トレーニングには早口言葉が有効だといいますが、カラオケ上達のための滑舌トレーニングでも同じです。毎日少しでいいので早口言葉の練習時間を作ってみてください。

自宅でできる「カラオケ上達プログムラム」なら、あなたの歌唱力はレベルアップします。
音痴克服もできます。