カラオケ上達〜感情豊かに歌う

感情豊かに歌うことで上手くなる

カラオケで身ぶり手ぶりをつけて感情豊かに歌ってみましょう。
すると、カラオケが急に上達した気持に何となくなるはずです。

 

それなら、試しに無表情で歌ってみると分かりますが、とても歌いづらいことになります。
あなたがカラオケを歌うときに、意識していなかくても感情を込めて自然に顔を作って歌ってしまうでしょう。

 

例えば、意識して感情を込めることを大げさにやってみましょう。
すると、声に強弱がついて上手に聞こえる杜思います。

 

楽しい曲であれば笑い顔で、悲しげなバラードであれば悲しい顔で歌うというように、表情を作ることだけでも、感情を込めることが出来ます。

 

歌詞の意味を理解しながら歌うということは、カラオケ上達に必要なことですが、
それよりも曲調に合わせて声量の強弱をつけることを重視したいですね。

 

サビの部分など特に盛り上がる場所では、声量を他の部分よりも大きくするだけで感情豊かに歌っているように聞こえるのです。

 

でも、初めから声量を大き目で歌ってしまうと、サビの部分でそれ以上の声量を出すのが大変ですよね。
ですので、最初は控えめに歌い始めることをおすすめします。

 

さらに注意したいことは、一曲全てを感情豊かに歌いすぎてしまわないようにしましょう。
すると、聴いている人が疲れてしまいかねません。

 

一曲だけならまだ良いのですが、歌う曲全で同じように感情を込めると、歌い方としては芸がないと思われてしまうかもしれませんね。

 

曲が一番盛り上がるのは、やはりサビの部分ですので、メリハリをつけて特に感情豊かに歌いあげるといいでしょう。

 

ただ、感情を込めるにしても、顔を動かしながら歌うことはNGです。
そうすると、マイクに上手に声が入らない可能性があります。

 

ですから、カラオケの上達が目的で感情豊かに歌う場合には、
顔の位置とマイクとは、同じ距離を保ち、出来ればあまり動かさないようにしてみましょう。

自宅でできる「カラオケ上達プログムラム」なら、あなたの歌唱力はレベルアップします。
音痴克服もできます。