カラオケ上達のビブラートテクニック

ビブラートテクニックでカラオケ上達

歌がうまいことをすぐに聞き手に感じさせるテクニックがあります。
それは、ビブラートという声の出し方です。

 

ビブラートとは、声を細かく震わせる技術のことです。
このビブラートが出せるだけでも、カラオケの上達度はかなり違ってきます。

 

人によっては、ビブラートは習得するには、腹筋を鍛えなければいけないと言われています。
しかし、そんなことはありません。

 

もちろんカラオケ上達のためには、腹筋は鍛えたほうがいいのは間違いありません。
でも、腹筋を鍛えたからといって、実際にビブラートをかけることが確実に出来るわけではないのです。

 

それに、ビブラートといっても様々な種類があります。
そのことをまず知っておかなければなりません。

 

一般的なのは、横隔膜を震わせることをビブラートといい、一番取り入れている人が多い方法でしょう。

 

この方法はプロの歌手の方も取り入れています。
でも、この方法を行なうのには、それなりの練習が必要となります。

 

この方法がなかなか出来ない人におすすめなのが、
小さく音程を変えることによってビブラートをかける方法です。

 

まだ習得過程にいる初心の人たちには、この方法でビブラートをかけるのが一番簡単でしょう。
ですので、カラオケ上達のためにビブラートを習得したい人には最適だと思います。

 

この方法では、まず最初に大きく声を揺らす練習をします。

 

これは大げさに表現していますが、「ドレドレドレドレ」のように音程を変えていきます。
最初はゆっくりと発声し始め、少しずつ速くしていくことで上達します。

 

人によっては、わざわざ練習しなくても、カラオケが上達していくことでビブラートがかかる人もいます。
しかし、この場合でも自分が意識した部分でビブラートがかけられるようにしてください。
なぜなら、ビブラートを多様して喉が震える感覚を覚えてしまうと、1曲すべて、ただ伸ばしたいところでも勝手にビブラートがかかるようになってしまうのです。

自宅でできる「カラオケ上達プログムラム」なら、あなたの歌唱力はレベルアップします。
音痴克服もできます。