裏声と地声を使い分けてカラオケ上達

裏声と地声を上手に使い分ける〜カラオケ上達の近道

地声と裏声が上手く使い分け出来なくて、どうしたら使い分けが上手くいくのかと困っている人が、カラオケが上達しないと悩んでいる人の中に非常に多いようです。

 

人によっては、裏声を使うことが出来ても、地声と裏声との境目ぐらいのところでその境界がはっきりしすぎたり、裏返ってしまいます。

 

声量が足りていない人の中には、なかなか裏声が上手に出せないという人が多いと思います。
もともと、小さな声では裏声は出しにくいものです。
裏声が上手く出せない人は、まず声量が出せるように練習を始めてみてはどうでしょう。
そもそも、自分の声の中でどの部分が裏声なのかよく分からないという人もいます。
裏声と地声の境界線があまりないという場合は、特に気にする必要はありません。そんな人は、裏声と地声を上手く切り替えることが出来ているということなのです。

 

カラオケで曲の高音域を裏声を使って歌うのは良くないと思っている人も多いことでしょう。高いところも地声で出せるように練習する人は、自分の上達のためにもと思っている人がたくさんいます。
しかし、無理をしてはいけません。逆に変な癖がついてしまうかもしれないからです。

 

プロの歌手でも、裏声と地声の両方を上手く使っています。
ですから、例えカラオケでその曲を歌っている歌手が高音域でも地声で歌っていても、自分が無理だと感じるのであれば、無理しないで裏声にしましょう。

 

最初はか細い裏声だったとしても、時間はかかるかもしれませんが、正しい練習をすれば力強く発声することが出来るようになるのです。

 

そして、声量が増えることで、裏声で出すことのできる音域も増えますので、
ある程度裏声が上達したうえで、地声に切り替えていくという方法もありますよ。

自宅でできる「カラオケ上達プログムラム」なら、あなたの歌唱力はレベルアップします。
音痴克服もできます。