カラオケが上達する声の出し方

カラオケが上達する声の出し方

現時点でカラオケに行ったときに、自分の歌に自信がなくて何となく控えめな感じで歌ってしまっている人がいるかもしれません。
ですが弱々しい声の出し方をしていると、上達が遅れてしまうのです。

 

カラオケでは控えめな小さな声を出していてはいけません。
というのは、声を大きく出すことが出来れば、それでうまく聞こえるのです。

 

注意してほしいのは、最初の出だしの音を強く大きく出すということです。
例えば「明日〜」という歌詞があったら、最初の出だしの文字となる「あ」をしっかり発音するという意識が大事です。
これが「ぁした〜」と、最初の出だしの音が小さくなってしまうと、心細い歌となってしまいます。
声をしっかりと出すことを意識することをしてみましょう。
ただ単にはっきりとした口調で歌うだけでも、何となくうまく聞こえます。

 

では、具体的にどのように声を出せばいいのでしょうか。
カラオケ上達のためには、腹式呼吸をすることで背中を押されるような格好で声を出すというようにすると良い声がでるでしょう。

 

一般に、腹式呼吸というと、息を吸って吐くごとに、お腹が膨らんでお腹がへこむというようにと教えられます。

 

しかし、これを意識しすぎないでください。
意識すると無駄な力が入ってしまうことになって自然な呼吸法とは言えなくなりますので注意が必要です。

 

試しに、お腹をへこませながら息を吐くというよりは、腹式で息を吸いこんだら、背中をぐーと押されるように息を吐いていきましょう。

 

そうすると、声のイメージが、上方向に向かって伸びるような感じになりませんか。
カラオケが上達するためには、息を長く続かせることも必要となります。
それも背中を押されたイメージで声を出すと、息をコントロールしやすくなるでしょう。

自宅でできる「カラオケ上達プログムラム」なら、あなたの歌唱力はレベルアップします。
音痴克服もできます。