カラオケ上達はブレスの仕方

カラオケ上達はブレスの仕方で

カラオケ上達を目指したいと思ったら、欠かせないのがブレスです。

 

それは息継ぎとも呼ばれています。
これがうまく出来ないと、声を出すタイミングがずれたりして、上手く声を出すことが出来ないことがあります。
すると、強調したい言葉が強く出なかったり、早口で何を言っているのか分からなくなってしまうこともあるのです。

 

ブレスは、その方法を正しく行うだけでも歌がうまく聞こえます。
ですから、ブレスについても、しっかり考えていくことが大事です。

 

そもそも一般の人がカラオケで歌う場合、既にプロの歌手がオリジナルの歌を歌っているものを聞いて覚えていることが前提の場合がほとんどですよね。
もっともなことですが、そのオリジナル曲の歌手も、歌の途中で当然息継ぎをしているはずです。

 

しかし、もともと歌っているのはプロの歌手ですので、一般の人から比べると肺活量が多いため、一般の人よりもブレスの回数を取らなくても息が続いてしまうのです。
ですから、息の長い歌になると素人は苦しそうな歌い方になってしまうこともあります。

 

一般の人が上達のためのブレスを意識して行うのであれば、まず曲調をくずさない範囲で自分にとって無理なく歌える所に息継ぎを入れましょう。

 

最初はオリジナルと同じ息継ぎ場所にブレスを入れてチャレンジしてみてください。
次に、それが難しい場合は、まず語尾を短くしてみましょう。それはブレスの箇所を増やすよりも先の話です。

 

なぜなら、息継ぎの位置は言葉の最後に入れていることが多いので、言葉の最後を伸ばしてしまうと、息継ぎが出来ないですし、どこですればいいのか分かりません。
すると、次の歌詞の頭で、息継ぎで言葉が出ずに慌てることになってしまいます。

 

しかし、ブレスを増やしすぎないこともカラオケ上達のためには大切なことです。
ですから、オリジナルから増やす場合でも、出来るだけ必要最低限の回数に抑えるようにしてみましょう。

自宅でできる「カラオケ上達プログムラム」なら、あなたの歌唱力はレベルアップします。
音痴克服もできます。