カラオケが上達の腹式呼吸

腹式呼吸でカラオケが上達

歌がうまい人のほとんどは、必ず腹式呼吸で声を出しているはずです。

 

同じような呼吸方法でも、普段人と話をする時に使っているのは、胸式呼吸と呼ばれる方法です。

 

腹式呼吸の場合は、肺の下の横隔膜の上下なので、お腹の位置に空気が入るため、喉を圧迫することはないのですが、
胸式呼吸の場合、胸の位置に空気が入るため、喉を圧迫してしまい、声を抑えつけると言われているのです。

 

腹式呼吸は、就寝時に無意識にしている呼吸方法でもあります。
ですので、まずは横になって呼吸をしてみるとわかります。
すると、胸ではなく、お腹で空気が出入りしているのが分かるはずです。
つまり、カラオケの上達のためには、腹式呼吸を使って歌うことが理想だということなのです。

 

では、どうすれば就寝時ではなく、歌う時にも腹式呼吸が出来るようになるのでしょうか。
考えてみると、カラオケの上達に役立つ一番簡単な腹式呼吸の練習法は、寝転がって歌を歌うことですね。
そうして練習した時の感覚を普通に立って歌っている時も出来るようにすれば良いのです。

 

ですが、そう簡単ではありません。
急に同じような腹式呼吸の歌い方にするのは難しいことですので、
寝転がって歌っている状態から少しずつ体勢を起きあがるようにしてみましょう。
そのときも、お腹に手を当てながら、しっかりお腹に空気が入ってきているかを確認するといいと思います。

 

でも、ただ単に腹式呼吸が出来るというだけで、カラオケが上達するというわけではありませんので、そこは注意してください。

 

腹式呼吸を使ってカラオケが上達するためには、それを無意識に出来ていることが理想ですし、呼吸法自体は基本中の基本です。
もちろん、歌っている最中は他にも注意したいことがあるので、常に意識して腹式呼吸をするということは難しいことです。
気がついたら腹式呼吸で歌えていたという状態でいることが大事です。
そうなるまで練習することが上達への道なのです。

自宅でできる「カラオケ上達プログムラム」なら、あなたの歌唱力はレベルアップします。
音痴克服もできます。