カラオケ上達の練習頻度〜一日30分

カラオケ上達の練習頻度は「一日30分」が目安の理由

カラオケの上達のためには、練習を欠かしてはいけません。

 

イメージトレーニングだけの練習では、なかなか上達することが出来ません。

 

カラオケの練習は、実際にカラオケに足を運んだ方が上手くなりますが、
時間やお金の関係で難しいのなら、自宅カラオケで練習しましょう。

 

でも、練習あるのみとはいえ大切なことは、練習頻度を無理しすぎてはいけないということです。

 

一刻も早く上手くなりたいからといっても、毎日長時間歌ってはいけません。
なぜなら、喉を壊してしまうこともあるからです。

 

もしあなたが、練習を毎日しようと思った場合には、一日あたり30分程度の練習から始めてみましょう。

 

でも、30分という時間はとても大事です。
ですので、練習は密に、とにかく集中する練習を行なってください。

 

カラオケは、ただ歌う練習をすればいいというものではありません。
歌うのも、だらだらと長時間ではなく、集中して気を引き締めて、良い緊張感をもって歌ったほうが効果が期待できます。

 

カラオケを歌うためには、喉はもっとも大切です。
あくまで無理をしないでください。一日30分歌ったことで喉が痛くなってしまった人は、次の日の練習は休んでください。
さらにその次の日は練習時間を通常の半分にしましょう。

 

一般的には、普段日常で喋っている人なら、一日30分程度の練習なら喉を痛めないでしょう。
喉を痛める場合は、間違った声の出し方をしている可能性があるので、
歌う練習をする前に、必ず発声練習を行ないましょう。

 

とはいえ、確かに練習頻度は、多いほうがしないよりは比較的成果を出しやすいと思います。
ですが、カラオケで上手に歌うには、コツも大事です。
一度コツをつかめば練習時間はあまり問題ではありません。
ですから、コツを掴むまで、忘れないように繰り返し繰り返し練習しましょう。

 

喉の調子が良くない日には、腹筋のトレーニングを行ってみるのもいいでしょう。
痛い喉をさらに痛めるような無理な歌の練習をするより、開き直って腹筋を鍛えるトレーニングをしたほうがより効果的かもしれませんよ。

自宅でできる「カラオケ上達プログムラム」なら、あなたの歌唱力はレベルアップします。
音痴克服もできます。