カラオケ上達するマイクの使い方

マイクの使い方でカラオケが上達

あなたはカラオケを歌うとき、マイクをどのように持っているでしょうか。
マイクは、地面に対して水平に持つことが正しい持ち方です。
正しいマイクの使い方をするだけで、カラオケが俄然上達する人も多いのです。

 

マイクは、音を拾う方向が全方向ではないのをご存知でしょうか。
マイクが音を拾いやすいベストの方向は、水平に持った時ということになります。

 

それはつまり、マイクの頭の方向を口の前にして、マイクの持ち手のお尻側は、カラオケのモニターに向ける様なイメージを持ってください。

 

これだけのことですが、しっかり意識してマイクを持つことが、上達する上でとても大事なことになるのです。

 

なぜなら、マイクを正しく持つことで、声が簡単に入るようになります。

 

自分は声量がないと悩んでいる人も大変多いのですが、
マイクは正しく持てているのでしょうか。

 

今では、簡単に素人でも機材を触れますので、マイク音量を高くして歌っている人も多いと思います。
けれども、マイク音量に頼ることなく、声量良く大きな声を出して歌うことはカラオケ上達には欠かすことの出来ないことです。

 

しかも、マイクの音量を上げてしまうのでは、ハウリングと呼ばれるキーンという音が出る現象が起きやすくなってしまいますので、カラオケ自体が楽しめなくなります。

 

本当は歌うことが上手だったとしても、弱々しく小さな声で歌う人は、なんとなく下手に聞こえてしまうものなのです。

 

逆に、声を出して思いっきり歌っている人は、それほどうまくなくてもカラオケ上手に聞こえるものです。
ですから、正しいマイクの持ち方を知って、カラオケの上達を目指してください。

 

ただ、サビなどで盛り上がって大きく声が出る部分では、注意が必要です。
そんな時は大変な音量になるので、マイクを近付けすぎないようにしましょう。

自宅でできる「カラオケ上達プログムラム」なら、あなたの歌唱力はレベルアップします。
音痴克服もできます。