カラオケ上達と声量

声量がないとカラオケは上手くならない

カラオケで歌を聞いている人達に、上達したと思わせる簡単な方法を伝授しましょう。
それは、声量をつければいいのです。
これまであまり歌う経験がなかった人には、人前で歌う際に一番重要になってくるのが声量です。

 

いつもは大きな声で話をしていたりできる人が、いざマイクを持って歌を歌うとなると、急に小さな声になってしまったりしていないですか。

 

また、声量がないと高い音程も出せません。

 

本来は声量がある場合でも、人前で歌うということで緊張してしまい、声が震えてしまってはいないでしょうか。
それで、大きな声が出なくなってしまっているのです。

 

そうした場合には、自信をつけることがまず必要です。

 

人前で歌う前に、練習をすることをお勧めします。
例えば、一人カラオケで、上達したと自分で納得できるくらい歌いこみましょう。

 

自信がない歌ですと、自然に声が小さくなってしまいます。

 

あなたが、カラオケ上達を願う場合、ある程度の声量がでるのなら、あまり大声を出して無理な練習をする必要はないでしょう。

 

というのも、昔なら音量をあげたときに出るキーンという嫌な音のハウリングも、今はカラオケ装置も高性能になっているので、そんなトラブルも出なくなっているので安心して音量を上げられるのです。

 

ですから、声量が無くても、マイクの音量自体を上げてしまうというのも有りですよね。
それでも、あなたが声量をアップしたいと望むのであれば、まず腹式呼吸をマスターしなければなりません。

 

これは声量アップの為には必須事項でもあります。

 

歌の世界では、よく「腹の底から声を出せ」と言われますよね。
これは、腹式呼吸をマスターすることを言っているのです。
これをマスターすれば、必ず力強い声を出すことができます。

 

それから、練習のときに、歌のフレーズごとに息を吐く量が調整出来るようにして出来るだけ長く声をつづけることも必要になってきます。

 

大きな声で歌うことも、長く声が続くことも、声量があっての話です。

 

自宅でできる「カラオケ上達プログムラム」なら、あなたの歌唱力はレベルアップします。
音痴克服もできます。