カラオケ上達〜エコーを切る

エコーは切ったほうがよい〜カラオケ上達の近道

カラオケ上達のために歌の練習をするのであれば、必ずエコーを切って歌った方が良いでしょう。

 

エコーとは、かけている状態を想像するだけでも分かりますが、歌声の誤魔化しが出来る機能でもあります。

 

エコーを利かせたことがあれば分かるとは思いますが、
全くエコーをかけていないより、ある程度かかっていたほうが上手に聞こえるものです。
理由は、エコーによって小さなアラが隠されるのです。
例えば、音程のズレやリズムのズレが隠せますし、細かく言えばビブラートのズレも誤魔化せるのです。

 

しかし、カラオケ上達の練習では、そういった上手く聞かせるための誤魔化しの機能は逆に邪魔なのです。

 

ですから、カラオケの練習の時はエコーを切って、自分の弱点をさらけ出すことがとても大切だと言えるでしょう。

 

というのも、エコーをかけたときには音がぼやけて聞こえますから、それをはずした場合には、ちょっとした音程のズレ声の強弱にも気づくことが出来るのです。

 

もちろん、実際にカラオケが上達したうえでお披露目する時にはエコーをつけて歌ったほうが上手に聞こえるのは当然です。

 

そんな時の上手なエコーの使い方を伝授いたしましょう。
それは、歌う曲によってエコーの強さを変えて歌うということです。

 

どう変えるかというと、テンポが速い曲であれば、エコーは弱めにします。
逆にテンポの遅い曲であれば強めにかけるのです。
このように基本的には曲の速さで変えてみましょう。

 

なぜなら、テンポが速い曲の場合、エコーを強めにしてしまうと言葉がボヤけてしまいますので、せっかくの歌詞が何を言っているのか分からなってしまう危険性があるからです。
反対にテンポが遅い曲の場合、強めのエコーをかけても、テンポが速い曲に比べて言葉一つ一つがしっかり聞きとれますので、大丈夫だということになります。

 

面倒なことかもしれませんが、カラオケが上達してきたら、エコーを上手に取り入れてみましょう。
エコーは、カラオケで更にうまく聴かせることができる方法なのです。

自宅でできる「カラオケ上達プログムラム」なら、あなたの歌唱力はレベルアップします。
音痴克服もできます。