カラオケ上達なら採点機能を活かす

カラオケの採点機能は活かそう

あなたは、どれくらいカラオケが上達したかを、どうやって判断すれば良いかとおもいますか。そんな悩みを持っている人もいるかもしれませんね。

 

友達に自分の歌を聞いてもらって「うまくなった」と言われても、気を遣って言ってくれていることもあるでしょう。

 

そこでカラオケ装置の機能を利用する方法として、カラオケについている採点機能を使うことがあげられます。

 

今は様々なカラオケの機種があり、当たり前のように採点機能が取り入れられています。
上達したかどうかを判断する一つの方法として、この採点機能を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

特に、変なアレンジ癖がついてしまった人に、採点機能を使った練習は向いているのです。

 

どんなポイントで採点しているのかは装置によって違います。
一般的に、マニュアル的な歌い方をする人は比較的に点数が高くなると言われています。

 

マニュアル的な歌い方とはつまり、大きな声ではっきり歌うこと。
伸ばすところは伸ばして、切るところは切ること。ビブラートつけるところをしっかりつけること。といった歌い方をすればいいということです。

 

よく、テレビで実際に歌手本人が持ち歌を歌って採点機能を使ったところ、
かなり低い点数が出されてしまうというものを見たことがあります。

 

それも、マニュアル的な歌い方ではない小技を多用することで、点数が下がってしまったと考えられるのです。

 

採点機能で点数を上げたい場合、いくつかのポイントがあげられます。
まず、大きな声で歌うことです。
例え、感情をこめることで小さな声で歌う箇所があったとしても、声量をある程度保たないと、マイナスポイントとして装置には受け取られてしまうのです。

 

もちろん、歌が上手い人でも、採点機能で良い点数が必ず出るわけではありません。
ですから、点数が良ければカラオケが上達したと言い切ることは出来ません。

 

ですが、こういった機能を使って練習をすれば、何に注意すればいいのかポイントがはっきり分かるのでカラオケ上達に有効といえるでしょう。

自宅でできる「カラオケ上達プログムラム」なら、あなたの歌唱力はレベルアップします。
音痴克服もできます。