カラオケ上達する雰囲気作り

雰囲気作りでカラオケ上達

歌唱力がつき、カラオケがある程度上達したのなら、今度は雰囲気作りをしてみましょう。
今以上に自分の歌がうまく聞こえるように考えてみてはいかがでしょうか。

 

歌には、様々なジャンルがあります。
大勢で盛り上がる事のできるポップな曲もあれば、聴き入る事のできるバラードもある。聴かせるロックもあれば、染み入る演歌もあります。

 

あなたは、何も考えずに自分がカラオケで練習してきた曲を安易に入力していませんか。
せっかくカラオケが上達しても、周りの人がしっかり歌を聴いてくれなければ、聞き流されてしまいますが、それは避けたいものですね。

 

ではどうしたら良いでしょうか。
一般的に、聴いている人は、カラオケで同じような曲が何曲も続くと、飽きてしまうものです。

 

例えば、他の人がバラードを選曲した場合、それをみて自分も得意なバラードがあった、とその曲に続けて選曲してしまうと、どうしても次に入れた方の曲の印象が弱くなってしまうのです。

 

しかし、一度入れられた選曲の後、ジャンルは続く傾向にあるようです。

 

そこで同じジャンルの曲が何曲か続いたら、自分の番の時は違うジャンルの曲を選曲してみましょう。
それだけでも、同じ雰囲気の曲を何曲も聴いてきた人は、自然にジャンルの違う曲を聴こうとしてくれます。

 

その場合には、出だしが特徴的な曲もおすすめです。
それは、曲の雰囲気に限らず、同じ部屋に居る人達の注意を集めることができます。

 

変わった音やフレーズから始まる曲や、出だしのイントロを聴いただけでかっこいいと思わせる曲などがあれば、自宅や一人カラオケなどで練習してみましょう。
そして、上達したら本番のカラオケで披露してみましょう。

 

また、自分が得意な曲は早目に歌いましょう。
それは、何時間も歌いあう場合は後半になると、聞く方も集中力が途切れてくるからです。
ですから、最初の頃に歌ったほうがきっちり聴いてもらえます。

自宅でできる「カラオケ上達プログムラム」なら、あなたの歌唱力はレベルアップします。
音痴克服もできます。